京都のKitさんにてアクセサリーメインの展示会を開催して頂くことになりました。長い間仕舞い込んでいたさまざまなパーツやビーズ、素材を楽しく組み合わせて iroioのタイシルクの服など夏の素材の衣類にも合わせて頂けそうな雰囲気で制作させて頂きました。短い会期ではありますが是非お誘いあわせの上ご来場ください。

 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

2019713日(土)― 722日(月)

泰 色色展
iroiro

12:00  18:00

iroiro 小阪靖子

場所:Kit 2F

”タイ iroiro”

私がタイに初めて行ったのはちょうど20年前のこと。最低限の荷物をバックパックに詰め込んで、宿も決めずに一人出発した。着いてすぐに飛び乗った夜行列車の終着地はチェンマイ。ネットも無かったのに、どうにかしてバンコクに戻ったのだろうが帰り道の記憶は抜けている。当てのない不安定な旅は振り返れば新しい自分との出会いだった。当時のタイで感じた湿気、粽の味、フルーツの色や朝市の活気、リス族の布の柄まで鮮明に覚えている。

ちょうど同時代に小阪靖子さんもタイを訪れ、この国の人たちと仕事がしたいと直ぐに思ったそうだ。しばらくしてタイの工場で仕立ててもらった洋服のオリジナルブランドを立ち上げ、現地買い付けした雑貨や古物をセレクトに加えたショップ「色色」を神戸で開業し、「iroiro」に改め福岡に移った。その名の通りタイにまつわるいろいろを扱っているのだが、今回はずっと溜めてきたという素材を使って、アクセサリーを作ってもらうことにした。素材は素材のままの方が却って美しいと思う時があるが、その佇まいを邪魔せずに自分流の表現として繋げていく。小阪さんが素材の面白さや扱い方をよく知っているのは、現地で感じた空気をなるべく壊さずに持ってきて再構成しているからだと私は感じている。このニュアンスが素直に作れるのは実は凄いんだけれど、好奇心を失わずに足と時間を使って旅を続けて来たからこそ、醸し出せるものもある気がする。20年ぶりにタイの空気を吸いに行きたくなってしまった。どうやらニュアンスとは作るものではなく、滲み出てしまうものらしい。

*アクセサリーのほか、タイシルクのパンツ、雑貨、ハイビスカスティーなども販売します。

/// 関連イベント ///

touch「タイ風プリン・アラモード」
¥1200
713日(土)ー14日(日)
12:00  13:00
13:30  14:30
15:00  16:00カノムモーケンというタロ芋で作ったタイのプリンをアレンジしました。
里芋、さつま芋、ココナッツの風味とふんわり・ねっとりとした口どけが新しい。バナナ、カルダモンのアイスに南国のフルーツをトッピングします。タイのハイビスカスティー付き。

*乳製品、卵を使います。アレルギーのある方はご注意下さい。

[要予約]
*ご氏名、お電話番号、人数、ご希望の日と時間帯をメール(sankakuha@gmail.com)かお電話(075-744-6936)でご連絡下さい。
*生ものにつき、キャンセルはご容赦下さい。

///作家略歴///
小阪靖子
KOSAKA Yasuko

神戸生まれ。
神戸芸術工科大学テキスタイルデザインコース卒業。
アパレル/

アクセサリーブランドiroiroのデザイナー兼代表。福岡県那珂川市の古民家にてギャラリースペース群青を運営する。
20年以上通い続けるタイの文化や人々に魅了され、”小阪靖子”としてiroiroのモノづくりの現場としてだけではない、風俗的なタイの魅力を伝えて行きたいと考えている。

http://iroirostyle.com
instagramiroiro_gunjyo