群青 のこと

私達自身は[形態変動型空間]と都合よく呼んでいますが、要は「時々しか開かない店」です。
お店として開けていない時はiroiroの事務所として、作業場として、業務的な空間と化しています。
時にギャラリースペースとして、時にショップ空間となり、時にモノが作り出される場として、
来て頂いた方に「物でない何か」を持って帰ってもらえる様な、
そんな場所に「群青」を育てて行きたいと思っています。
※ご来店の際は必ず事前にオープンしているかどうかをこちらのスケジュールでご確認下さい。

【群青での過去の主な企画展・展示会】
2009年 7月 「ハレ日傘 時々雨傘」神戸マンドレイクのアフリカンバティックの傘の展示販売。
2010年 6月 「Trip」奈良NATIVE WORKS. の作る洋服や雑貨の展示販売。
2011年 4月 「人生細工してなんぼ・・・展」寄木細工とインディアンジュエリーの展示販売。
2012年 4月 「上出長右衛門窯 展」石川県の伝統工芸九谷焼の老舗窯元“上出長右衛門窯”の仕事と器たち。
毎年9月にはiroiroのパンツたちをメインにセレクトしたボトムスの展示会「BOTTOM展」(2009年の様子)
春には「春想ふ群青」(2011年の様子)
冬には「冬の群青」(2011年の様子)としてiroiroのショップをオープン。
2015年 3月 「群青FINAL」にて 群青閉所。