iroiro 2017S/S at MANDRAKE(KOBE) 5/20(sat)—28(sun)・’17

20年目の 神戸・栄町。 奇しくも同じ日取りとなりました。5月20日。

news2017SS (4)

 

 

 

news2017SS (3)

 


 

 

 

 

news2017SS (5)news2017SS (6)news2017SS (8)

 

news2017SS (9) news2017SS (10)

 


 

 

news2017SS (12) news2017SS (13) news2017SS (14)

 

 


 

news2017SS (18) news2017SS (19) news2017SS (20)

 

 


 

 

news2017SS (1) news2017SS (2)

 

news2017SS (21)


 

 

 

news2017SS (11)

 

 

今年は iroiroが産声を上げた港近くの 神戸・栄町 のために数点限定アイテムをご用意しました。

是非5月20日から28日まで。神戸・マンドレイクさんにて。お待ちしております。

マンドレイクさんの Google リンク → 

iroiro exhibition 2017 S/S at MANDRAKE 

5・20(sat)  ~ 28(sun)

会期中無休

open 11:30 —— 19:00 closed 

※初日5月20日は18:00でクローズ致します。ご注意下さい。

※20日、21日 はiroiro 在店します。仕入や生産でお世話になりっ放しのタイのお話やiroiroの服の着方、iroiroのイロイロな裏話をご興味ある方にも、無い方にも(迷惑)してさしあげますので是非会いに来て下さいね。


ここで少しおまけ。(書いてみたら全然少しではなかったです。すみません)

 

福岡に来たばかりの時は神戸が恋しくて恋しくて仕方ないときもありました。友人たちとお別れしたのも六甲アイランドの波止場にあるフェリーの乗り場。紙テープがハラハラと海原に落ちて行く風景、小さくなっていく友人たちの顔、今でもしっかり思い出せます。海に行けばその望郷の念も少しは和らぐものかと当時は日本海なのに志賀島や唐津の海へとよく出かけていました。この水は繋がっている。神戸と福岡をつなげてくれる。馬鹿みたいにそんな事も考えてもいました。でもあるとき冬の荒々しい日本海で唐突に気付くのです。全くそれは異質なもので、似て非なるもので、これはあなたが望んでいるような暖かで優しい海ではないのだぞという事に。山陽電車にガタゴト揺られ、うつらうつらとしながら鼻の奥で感じる潮のにおい。窓の外からの暖かい反射光に、軽く閉じていた瞼の向こう側を撫でられるようにして起こされる。 そうやって広がる目の前にあったあのダイナミックで優しくて母性にあふれた瀬戸内海のそれとは全く違っているという事に。そうか誤解だった。ここは別の場所。私のココロもまたここで新しく育てなければいけない。このあの生まれ育った町の山と海とは 全くの異質な、似ている様で別のこの場所で。かちこちで強ばった皮膚の上からでは種がまかれても根ははれないし芽もでないから何も育たない。私は柔らかい柔らかい有機的な土になろう。そして芽生えた何かをココロをもって育てようと。

そんな風に気付いた、いや気付かされたのが幸か不幸か、移り住んでかなり早い段階だったので今のこのiroiroという活動も福岡をベースに続ける事が出来ているのだと思います。こうやって書くとただ海だけを眺めていてある日突然自力でそれに気づいた・・・みたいな感じですがそうではない、要は素晴らしい出会いです。人との出会い、物との出会い、新しい自分との出会い。iroiroの歴史も 神戸時代より福岡時代(2004年からです)のほうが裕に長くなっていましたね。本当に何にしても 「気付けば・・・」という感じなのですが。

今年に入って既に、(大変ありがたい事ですが)4か所での企画展とPOP-UP SHOPを開催、終了させて頂いているのですが、そういった慌ただしい日々の中でつい2か月ほど前に巡り巡っての素敵な出会いがあり、また『群青』の様な箱というか場所を持てる事となりました。本当に沢山の方々の繋がりや想い、力、に突き動かされ、自分自身試されているような気持ちでもありますが、まだ正式にオープンの日取りなどは決まっていませんが(場所の詳細も含め、オープンの日や営業態勢も決定次第WEBや各種SNSでお知らせ致します) どうか楽しみにしていて下さい。そういった運びの中で、昨年末からこのサイト上では告知をさせて頂いていた、6月と8月に予定していたiroiroのオリジナルアクセサリー/ジュエリー展の開催を今年は一旦中止・延期とさせて頂く形となってしまいました。楽しみにして下さっていた方や計画してくださっていたお店やギャラリーの方には大変ご迷惑をおかけする事となってしまいました。ただ構想している事やモノはどんどん蓄積されてきていますのでまた機が熟す時、タイミングも大いに楽しみにして頂ければと思っていますので引き続きご清聴のほどよろしくお願いいたします。

とにかく私自身もなにかとこの先不安も大きく抱えてはいますが楽しみなこともそれを飲みこんでくれるほどに膨張してきていますので、また群青の様な場所をオープンさせた日にはそういう事をワイワイと語り合えたらとっても嬉しい事だなあと今から想像しては、何やら企てたいな、とニヤニヤしてしまっています。

今度の場所は海の近くではなく、”山”です。

撮影の日はつつじが満開でした。

5月8日 iroiro 代表 小阪靖子